じまなひび

zima55.exblog.jp
ブログトップ

2005年 10月 31日 ( 1 )


2005年 10月 31日

SAW2

b0004863_13102951.jpg水曜の夜、渋谷で散々カラオケして騒いだ後。
東横に乗って座ったら体がなんだか変。
腰が痛くて痛くて座ってられないって感じ。
家の近くの駅につく頃には歩くのが一苦労。
駅から家まで約5分ほどなんだけどタクりたくなった。(けど、タクシーなんて走ってないし。)
家につくなり布団に入ると震えは止まらないしで熱測ったら38度超え。
げげー。想定外想定外。
まー、とりあえず寝てれば治るかと思いきや熱はどんどん上がり夜中の3時には39度超え。
ひょえー。想定外の外の外。
結局そのまま朝まで眠れず。
朝になって歩いて病院へ行って、熱さましと抗生剤もらってのでひたすら眠りました。
そのまま木・金とお休みをもらってやっと土曜日に復活。
いやー。
久しぶりに風邪引いたけど辛いわ。
体的に辛いのと、ひとりだと車もないので病院いくのも一苦労で辛い。
風邪は引かないほうがいいですな。(あたりまえか)

さて。
病み上がり1発目。
噂の「SAW2」
病み上がりに見る映画じゃないっしょ。
でも見ちゃった。えへへ。

で、感想なんですが。

うーむ。
一言で言うなら。

品性を感じない。

「SAW」ではスタイリッシュな映像と熟慮された脚本とでエグイ中にもとても知性や品性を感じましたが、今回は全くそれがない。
映像も色感は似せてあるものの、あの独特のスピード感もなければ美的エグさもない。
単に痛々しい映画。
確かに最後に「えっ!」という驚きはある。
(「シックス・センス」の後の「アンブレイカブル」ほどのガックリ感はないと思う。
「アンブレイカブル」を見ていない私が言うのも変な話だが。)
しかし、そこに行くまでの話になんのひねりもないのだ。

やっぱり2番煎じという感は否めないな。
そんなに期待しないで見たので楽しめたけれど、「SAW」が劇的に面白かっただけに「やっぱり作らないほうがよかったんじゃないなかな。」と思ってしまう。
予想通りの映画でした。

この日はヒルズで映画を見たんだけれど。
帰りに麻布十番へ行こうとけやき坂を歩いていると、イケメン兄さんにべっとり寄り添ってる老人(♂)が。
「あんな老人でもおおっぴらに歩いちゃうのねー。すごいわー。
・・・
・・・
・・・




って!おすぎじゃん!!!

なんと。おすぎのデート現場でした。
六本木も六本木。けやき坂のテレ朝の目の前をイケメン男に肩を抱かれてあるくおすぎ。
すごーい。
しかし、ライトと毒舌がなければ普通の老人。
そうだよなー。
そういう歳なんだよな。彼も。

病み上がりにSAW2とおすぎ。
良薬にも毒にもなりそうな土曜日なのでした。
[PR]

by zima_55 | 2005-10-31 13:17 | Movie