人気ブログランキング |

じまなひび

zima55.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 25日

西麻布 き

土曜日は3姉妹会。
よくコメントをくれるurara(三女)と悩める歯科研修医のi先生(次女)と私(長女)プラス友人1名で西麻布の「き」へ。

・・・のつもりがi先生は来れずじまい。理由は後ほど。

さて、西麻布「き」。
ココはほとんど看板も出ておらず、ネットにも情報が落ちてない隠れ家的な居酒屋さん。
普通のマンションの3階にありふら~っと入るような感じのお店ではないです。
ずいぶん前から気になっていたお店で、先日(といってもかなり前)の日曜日に意を決してお店に入ってみたところ、日・祝・祭日はお店がお休みとのこと。
そんなことも知らずに鍵が開いていたのでどかどか入っていってしまった。はずかしっ!
しかし、オーナーの高木さんはお休みにも関わらずお店の中を見せてくださったり、ショップカードをくださったりと丁寧に接してくれました。

そして、土曜日はしっかり予約をさせていただきました。
高木さんに
「ずいぶん前にお休みのところ訪ねてしまったんですよー。覚えてらっしゃいます?」
と聞いたところはっきり覚えていて下さって。
うれしい限りです。

さて、本題のお料理なんですが。
おいしいです。すごく。
・卵豆腐おくらととろろ
・穴子寿司(名前が違うな。きっと。)
・黒米と豚肉と豆の煮込み(これも名前が違うな。きっと。)
等をいただいたんですが。

穴子寿司が絶品!!!
というか、アイデアがすごい。
ご飯がジェノベーゼの固めに炊いたリゾット。
その上にふんわりと炊いた穴子に蒲焼のタレ。
これが美味しいんですよー。
ジェノベーゼに穴子なんて異種混合もいいところなのにものすごく合う。

黒米と豚肉と豆の煮込みもほろほろにやわらかくなった豚肉とやわらかいけれどしっかりと形が残っている豆、そしてアルデンテの黒米のリゾットのようなお料理。
こくがあり、歯ごたえも良く、すばらしく美味しい。
こくの正体は赤ワインだそうで。
なるほどー。そうかー。と唸ってしまった。

高木さんのお話によると、出身はフレンチらしい。
フレンチやイタリアンと和食を融合させたお料理はどんなお酒にも合いそうな感じ。
気軽にお話してくださるし、アットホームな感じでなかなかよいお店です。
絶対また行きます。

さてさて。
何故i先生は来れなかったか。

そうです。地震の所為ですよ。
本当なら7時に4人集まってワイワイ飲むはずが。
待ち合わせの6時55分になっても私以外誰も現れず。
30分もホブソンズの前でぼーっとしてしまいました。

友人が30分遅れで到着。
uraraも駒沢から西麻布まで来るのに2時間。
そして、千葉県にいた妹はJRが全く動かなくなってしまったので来ることを断念。
残念です。

uraraも大変だったねー。
駒沢からバスで渋谷まで1時間。
タクシーを捜すも全く見つからず。
この時点で動いている電車は日比谷線・銀座線・丸の内線。
しょうがなく青山1丁目まで銀座線で出てどうにかタクシーを拾い2時間遅れでやっとこさ到着。
本当にお疲れ様でした。

また次回、3姉妹会開きましょ。
姉さんが美味しいお店をさがしておくよ。

--------------------
西麻布 き
Adr:港区西麻布4-10-1
Tel:03-5778-4644

by zima_55 | 2005-07-25 12:53 | Gourmand


<< 夏      地震!!! >>