じまなひび

zima55.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 31日

目に見えぬもの

仙石原のお宿に泊まった次の日。
連れの一人Iが

「昨日夜中目が覚めてジマちゃんの方みたら、じまちゃんの上にYちゃんの足が乗っかってたよ。Yちゃん寝相わるすぎ~!」

と言い出した。
しかしだ。普通寝てる間に人の足が自分の上に乗ったら気づくだろう。
ましてや旅行先なので眠りも浅いはず。
ちょっぴり不思議に思って、

「どんな風に足が乗っかってた?」

って聞いてみると、

「じまちゃんのあごの下あたりに足の裏があったよ。」

・・・ちょっとまて。
私たち3人は川の字になって寝ていた。
そして、Yちゃんはかなり寝相のいい人。
さらに、朝はYちゃんの頭はしっかり私の隣にあった。
1回転するはずはない。

じゃ、誰の足??

「もしかして・・・・・・」










ひょえぇぇぇぇぇぇ~~~!
それはもしやバケオでは???

実際、Iは小さいころから普通の人には見えないものが見える。
たぶん、その足もいわゆるそれだと思う。
確かに夜いやな夢見たんだよなー。その所為なのか?
前日の激しい頭痛はその前兆か?
うーむ。今年の夏は面白い体験で締めくくったな。


私は元来こういうものは見えない人だ。
こういうことがあると見えなくてよかったーと思う。
けれど、今までに見える人であればよかったと思うことが一度だけあった。

4年前、私のかわいがっていた猫が病気で死んだ。
最後は病院に入院したまま死んでしまった。
家族の誰よりも私になついていたし、誰よりも私は愛していた。
だから病院へのお迎えは私が一人で行くことにした。
小さく白い段ボール箱に彼女は入れられて、私は彼女を車に乗せて家に帰った。
家に帰ってから家族の前で箱を開けた。
彼女はやせ細っているけれど、今にも目を開けそうに美しく横たわっていた。

その瞬間Iが突然ぼろぼろ泣き始めたのだ。号泣といっていいほど。嗚咽をもらしながら・・・
あまりにも突然だったのでびっくりしていると彼女は言った。

「じまちゃん。マッシーがそこにいるよ。じまちゃんをずっと見てるよ。」

彼女曰く、人のお葬式に行くと亡くなられた方の霊のほとんどは伴侶のそばから離れないそうだ。
それと同じようにマッシーの霊も火葬されるまでわたしからずっと離れなかったそうだ。
よかった。私の愛が通じていたんだなって、マッシーも私のことを大好きでいてくれたんだなって確信した。
死んでしまったのはとてもとても悲しかったけれど、私を慕ってくれていたことを確信できて幸せだった。
唯一悔しかったのは彼女の姿が私には見えなかったこと。
このときだけは目に見えぬものを見たいと思った。

日ごろIが
「また変なのみちゃったよ~~~(;д;)」
って言う時はほんとに私は見ない人でよかったと思うけれど、将来自分の親が死んでしまったり、結婚してだんなに先立たれてしまったときはまた見える人でありたかったと思うんだろうなぁ。
[PR]

by zima_55 | 2004-08-31 13:11 | Diary
2004年 08月 30日

仙石原

土曜日日曜日は箱根仙石原の温泉に行ってきました。
といっても、台風16号の影響で天気が悪くこれといった観光もできず少し寂しい旅行でしたが。。。

そこで、土曜日は雨の影響のない美術館系へ・・・ということで仙石原に2002年できたポーラ美術館にいって来ました。
お金かかってますねぇ。ポーラ美術館。
建物自体もとても広くて近代的でした。
その所為なのか、入場料は1800円と割高。すごく高いと感じちゃったんだけどこんなもんなの?

展示作品は名だたる巨匠の作品が多く展示されていました。
ゴッホ、ゴーギャン、マチス、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ルソーなどなど・・・。
結構見ごたえがありました。

私が一番印象に残ったのはパブロ・ピカソの「海辺の母子像」。
青の時代の傑作の中のひとつです。
背景も母も子もすべて青で統一されている中で、母の持つ一輪の花だけが赤い。
そのコントラストに目を引かれたのと、とても切なさを感じました。
ぐっと心をつかまれた作品でした。

さて、旅行のメインの温泉。
仙石原の温泉は硫黄分が多く、黄色くにごっていました。
そしてお肌がものすごくつるつる~。気持ちよかったです~。
お風呂で一緒になったおば様たちと「ここは温泉かしらね~」なんてしっかり時事ネタで盛り上がりながらリフレッシュ。
気温もかなり低かったので長いことお風呂に入っていられて露天を思いっきり満喫しました。

日曜日も大雨で大涌谷に行ったものの、ガスって何も見えずお土産だけ買って退散。
その後はもうここしかない!ってことで御殿場のアウトレットへ(笑)
いやぁ。広い広い。ものすごい量のお店です。そして安い。
元値の半額は当たり前。1/3の値段もざらです。
とあるお店の店員さんに聞いたところこの時期が一番品数が豊富だそう。
とてもいい時期に行きました。そしてガッツリ買い物して日ごろのウサをばっちり晴らしてきました。
ここのいいところは食器がたくさんあるところ。
リチャードジノリやコペンハーゲンなど有名なブランドのセカンドラインがそろってました。
ジノリのベッキオホワイトなんかめっちゃ安くなってたし。

天気は悪かったけれど、それなりに満喫できてめでたしめでたし。
[PR]

by zima_55 | 2004-08-30 17:15 | Diary
2004年 08月 27日

ヒートアイランド

b0004863_1125415.jpg
大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞W受賞作家 垣根涼介の「ヒートアイランド」。
本作品は、渋谷のストリートギャングのヘッドであるアキとカオルは仲間が成り行きで手に入れ、持ち帰った大金をみて驚愕する。実はその大金はヤクザが経営するカジノバーから強盗集団が強奪したものだった。そして、その大金に絡むストリートギャング・ヤクザ・強盗集団の攻防が描かれたミステリーである。

いやぁ、面白い!
電車で降りなきゃいけない駅を乗り過ごすぐらい集中して読んでしまった。
アキとカオルの巧みなチームプレー、腕利きの強盗集団、頭の切れるヤクザ。
どれも抜け目のない人間たちの息を飲む攻防ははらはらしながらも猛スピードでページをめくってしまう。
どの登場人物も一般人から見たら普通ではないご職業につかれてはいるが、どうして彼らが今そこにいるのか、なぜストリートギャングのヘッドになったのか、なぜ強盗になったのか、なぜヤクザになったのか。登場人物の背景が細かく描かれ、その必然性によってとても親近感を得てしまう。
3者の攻防は、偶然と必然が緻密に設計されていて、さらにスピード感もあって読み手をひきつけて離さない。
ただ、登場人物の頭が切れすぎる部分もあってその点は鼻についたが、それを無視できるぐらいわくわくさせられたのでOK。

そして話は「ギャングスター・レッスン」、「サウダージ」へ続くのです。
この二つ、まだまだ文庫化されないんだよなぁ。
ハードは買わないと決めている私だけど、もしかしたら買っちゃうかも。
[PR]

by zima_55 | 2004-08-27 14:26 | Book
2004年 08月 26日

BBQ '04

さて。昨日は武道館で行われた「BBQ'04」に行ってきました~~~!
FOH/FLOW/ORANGE RANGE/RHYMESTER/SOUL'd OUTが出演。

FLOWはTVで見るよりライブの方がぜんぜんいいかも。
ノリがいいし、盛り上がる曲多いし。
SOUL'd OUTももともとそんなに好きではなかったんだけど、雰囲気があってよかった。
でも、こてこて日本人の私には彼の英語は何をいってんのかさっぱりわからんときがあった。
RHYMESTERはきっとマニアうけ。昨日のライブはレンジファン=若い子ばっかりだったから、宇多丸さんのエロMCに引いてたっぽい(笑)
レンジはあのギターが好きです。ギターです。ギター。
FOHは"I believ"歌ってくれてうれしかったなぁ。

でも・・・それよりも何よりも・・・
合間合間に入る申し訳NITAZのDJよかった~~~!!
「後ろ指さされ組」の曲がかかっちゃう時点で私の心をぐゎしっっとつかまれました。
ロマンポルシェも最高!あの変な踊りなんとかしてぇ~~~(笑)

それにしても、お客さんの年齢層の若いこと若いこと。
デフォルト学生だし、デフォルト夏休みだもんなぁ。
年とったんだなぁとひしひしと感じてしまった今日この頃。

4時間半のなが~いライブで、足がパンパンになってめっちゃ疲れたけど、とっても楽しめました!
ライブの後にはおいしいビールも飲んで満足ですわ!
[PR]

by zima_55 | 2004-08-26 15:27 | Diary
2004年 08月 23日

24時間テレビ

そういえば、おととい昨日と日テレの24時間テレビだったんですね。

まったくもって見ませんでした。
私ははっきり言ってあの番組は好きではない。

メディアを使って今の障害者の現状や問題点を国民に伝える必要はあるし、ああいう年に1度の祭典的な番組で取り上げることによってより多くの人に実状を伝えることもできると思う。

だけど、あの番組を見てないのでイメージでしか言えないけど、あの人気アイドルを使ってここぞとばかりのお涙頂戴な演出。
なんだかみんなでZARDの「負けないで」を大合唱しちゃったり。(チャンネル回したときにみんな涙流しながら歌っててびっくりした。)
ああいう演出はどうしてもまともに見れない。ひいてしまう。

だってあの24時間テレビで「障害者の人たちを芸能人が手助けをして何かをやり遂げる」って言うあの行為は24時間テレビを作り上げるためのひとつの行為でしかないんだもの。私にとっては偽善の行為にしか見えん。
障害者の人たちとそれをサポートする人たちがひとつの事に向かって何年も努力をしてきて、それらの一部を取材して伝えてくれるドキュメンタリーだったら私は感動するだろう。

あと、あのマラソンも何の意味があるんだろう。チャリティーマラソンって何?
マラソン自体を見てみれば、杉田さんはとてもがんばったし、100km走りきったあの健闘もたたえたいと思う。
だけれども、マラソン初心者の杉田さんにやらせるのはいかがなもの?
寛平さんや錦野さんみたいに常に体を鍛えている人が走るのは素人から見てもなんとなく安心してみていられるけど、調整したからとはいえ常に体を鍛えてるとはいえない杉田さんのような人が走るのってかなりの負担だと思うし、危険が伴うと思う。痛々しくて見てられない。
そんな危険な思いをさせて走らせて何の意味があるんだろう?

とにかく、ああいう演出されるとすごく興ざめしてしまって到底募金しようって気にはならない。
これって私だけなのかなぁ。
[PR]

by zima_55 | 2004-08-23 12:33 | Diary
2004年 08月 19日

もも

夏の終わりの桃ってうまい。
冬の終わりのごつごつしたみかんも大好きだけど、夏の終わりの桃も最高。

先日、会社の後輩のCちゃんの実家で作っている桃をたくさん送ってもらった。
さすが産地直送なだけあって箱を開けると桃の香りが一気に広がる。
包丁を入れるとはちきれんばかりの果肉と果汁があふれ出す。
口に入れればほろほろと桃の繊維がほどけ、いったいどこに詰まってたんだと言うほどの果汁がしみだしてくる。
これこそ、みずみずしい!!!っていうんだろうな!

あまりにもおいしいのでCちゃんに頼んで実家に送ってもらうことにした。
昔、友達と桃狩りに行ったときに4つほど桃を実家に送ってあげた。
そしたら、なぜか「4つじゃ足らん!」と怒られた。
好意で送った人間に向かって言う言葉か?(^^;)

ま、本当においしかったからそういうことを言うと思うんだけどね。
なので、今回は多めに送ってあげよう。
しかもサプライズで!!

喜んでくれるかな~。
遅ればせながら、娘からのお中元。
[PR]

by zima_55 | 2004-08-19 16:37 | Diary
2004年 08月 18日

柔道

いやぁ。昨日の柔道は見ごたえがあったなぁ。

糖内は残念だったけれど、谷本は本当にいい試合をした。
決勝まで試合を重ねていくほど彼女の顔がどんどん変わっていく。
どんどん引き締まって、どんどん集中力が高まっていくのが伝わってくる。

最後の決勝は本当に勝つことに集中してるってことが伝わってきた。
彼女の一本で勝ちたい。一本とるまでは突き進むっていう精神が彼女からあふれれていた。
相手を投げてから固め技に入るまでのあの隙のない動きはそれを象徴している。

あの精神は古賀先生あってこそなんだろうな。
どの試合が始まる前でも畳の直前まで彼女の背中をたたき、言葉をかけていた古賀先生。
そして階段の下で待っていてくれた古賀先生。
決勝を終えた彼女の一目散に古賀先生に駆け寄り抱きついた姿。
今まで優勝できなくて先生を裏切ってばっかりだったから絶対に勝ちたかったと話す姿。
そして、古賀先生と同じ金メダルを取ることができて自信みなぎる姿。
固い信頼関係があるからこそ手にすることができた金メダルなんだと思う。
本当に本当に美しい瞬間だった。


もうひとつ、注目した試合があった。
それは初戦で糖内が対戦した相手、ロシアのノソフの3位決定戦。
準決勝でギリシャのイリアスと対戦した際に左ひじを負傷した。
3位決定戦には出てこないだろうと思っていたら痛みを押して出てきたからびっくり。
動かせるのか心配だったが、やっぱりほとんど左腕が使えない状態で試合に臨み、案の定アジゾフのほうが優勢。
けれど、試合後半でノソフはアジゾフを持ち上げ、投げ、逆転技ありを取った。
もう、その時点で私の目は涙いっぱい。
いつの間にか「勝って!勝って!」と声に出して応援していた。

そしてノソフが技ありをとったまま終了。
最後残り2秒のときに相手とバッティングしてしまって額が切れて顔中血だらけになってしまったけれど、それでも勝利の雄たけびをあげたノソフ。
ただ、ただ、感動するだけだった。言葉も出てこなかった。
これまで見てきた中で一番感動した試合かもしれない。

柔道って5分間見ているほうもとんでもなく力を使う。
息も止まっちゃうほど。本当に疲れる。
だけど、技が決まったときの爽快感がたまらない。
オリンピックでは日本選手が出ていなくても試合を見てしまうし、知らない選手でもきれいに技が決まったときはテレビの前で拍手をしてしまう。
なんでこんなに柔道が好きになったかは覚えていないんだけれど、もし、私が中学生のときに同じぐらい好きになっていたら絶対柔道やっていただろうなと思う。

さて。今日もさっさと仕事を終わらせて柔道を見るために家に帰ろう。
[PR]

by zima_55 | 2004-08-18 14:16 | Diary
2004年 08月 17日

クロベェ

元チェッカーズのクロベェがなくなった。
舌がんだったそうだ。しかも40歳で。

チェッカーズは私が初めて好きになったグループ。
初めて親に買ってもらったレコードもチェッカーズ。
妹たちと家で踊りながら大合唱してた。
まだ幼かったからファンクラブとかには入れなかったけれど、親にお願いしてチェッカーズ主演の映画も連れて行ってもらった。
メンバーの名前もすべて覚えた。今だって全員の名前を言える。
今もチェッカーズのほとんどの歌をそらで歌える。
私が記憶している中でもっとももっともはまったグループ。
レコード屋さんに行ってお願いしてポスターもらって、壁やら天井やらに壁が見えないぐらい貼った。
ずーっと一緒にいた。

そんなグループの一人が亡くなってしまった。
とんでもなく悲しい。
実際にあったこともない人なんだけど、ずっと近くにいてくれたような気がして、身近だった人のような気がして涙がでる。

40歳は若すぎだよ。
どんなに苦しかっただろうか。想像することもできない。

心から・・・心の底からご冥福をお祈りします。
[PR]

by zima_55 | 2004-08-17 18:56 | Diary
2004年 08月 16日

目黒不動尊

夏休みも終わり、今日からお仕事。
まだまだ休みぼけ~。

この夏休みは遠出はしなかったけど、いろいろ精力的に都内を歩き回ったので結構内容の濃いお休みでした。

昨日の夏休み最終日は都内はとても涼しく、絶好の散歩日和!!
ということで、懲りずにお散歩。

昨日のお散歩コースは、中目黒から八幡神社、大鳥神社をまわり目黒不動尊。
そこからインテリアショップが立ち並ぶ目黒通りを通って学芸大学まで。

中目黒から目黒へは裏通りの住宅街を散策しましたです。
私は都内の住宅街を歩くのが好き。おしゃれでモダンな住宅と古い昔ながらの住宅が混在している場所が好き。
なんだろ。とても落ち着く。
このあたりも豪邸と昔ながらの古い家が混在して面白い空間になっていていい感じです。
とても静かで車も少なく歩きやすいです。

目黒通りのインテリアショップも面白い。
大通りの両側にお店があるので、何度も横断歩道を渡らなければいけないのが難なんだけど。
私の好きなショップは「Meister」。
家具からランプ、食器までおいてあるものは高いものが多いんだけど、見ていて飽きません。
ここは何度かお邪魔しているんだけど、家具も食器もちょっと手がでないのでオリジナルの生地で作ったブックカバーを購入しました。
しっかりしていて、使いやすい。なかなかいいカバーですよ。

それから、今回の散歩でとても印象深かったのが「目黒不動尊」。
外側はとても整備されていて、そしてお掃除も行き届いていて美しいし、
お堂の中はとても荘厳で気持ちのよい空間でした。

お堂の手前でとてもかわいい猫に出会いました。
近づいても逃げないので、バッグから紐を出して目の前に出してみるとものすごい勢いでじゃれてきました。
かわい~~~~。まじで。
しばしその猫と遊んでからバイバイして、お参りをしました。

お参りのあと階段を下りていくと近所に住んでいる方が先ほどの猫にえさをあげていました。
その方に聞いてみると私と遊んでくれた猫ちゃんはお不動様の近辺で生まれたときから住み着いている野良猫だったそう。毛並みもきれいで人懐っこくて、よほど近所の人がよく世話をしてあげているんだなと感心しました。

そのとき、階段の上からお不動様のお坊さんらしき人が降りてきて私たちの横を通り過ぎました。
するとえさをあげていた方が

「こうやってえさをあげてると文句をいわれるのよね。」

とボソッとつぶやきました。
その声がお坊さんの耳に届いてしまったらしく、私たちの前を通り過ぎたお坊さんは突然振り返り

「あんたさぁ!文句じゃねーだろ?その猫の糞を誰が始末してると思ってんだよっ!」

と!!!
私がお坊さんのその形相とその言い方にびっくりして唖然としてると、お坊さんは私たちに睨み、振り返ってそのまますたすたと行ってしまいました。

確かに世間では結構聞く、野良猫の世話をする人とそれを反対する人。
両方の言い分も理解できる。

だけど、お坊さんともあろうお方が一般人を目の前にしてそんな暴言吐いていいんでしょうかね。
もうちょっと言い方があるだろうと、怒りを覚えました。

月島を散歩したときに地元の方が「野良猫を近所の人みんなで世話しているのよ」とお話してくださいました。

今回のこの件とは正反対。
野良猫と人間。うまく共存できるといいんだけどな。

お不動様を後にするときもう一度振り返ってみてみると、さっきまでのお不動様の美しさが偽者の美しさに見えてしまって、なんだかとても悲しくなってしまいました。

写真:そんな渦中の中でのびのび生きるチロルちゃん
b0004863_16331562.jpg

[PR]

by zima_55 | 2004-08-16 16:35 | Stroll
2004年 08月 11日

今日もさんぽ

昨日に引き続き、今日も散歩。
今日は中目黒から代官山、恵比寿を抜け渋谷まで。
特にお店に入るでもなくだらだらと歩く。
昨日といい、今日といい、散歩するつもりはなかったのに散歩しちゃったもんだからサンダルでマメできまくりだよ。自業自得だけど。

恵比寿と代官山の間は相変わらず食べ物屋が多い。
そして、知らない店がたくさんできてる。
でも、できるお店はだいたい和食ダイニング。いわゆる「黄ばみ系」。
お品書きが和紙とかでできてて黄ばんでるっぽいから(笑)
みーんな一緒。料理の内容もみーんな一緒。シーザーサラダと手作りざる豆腐があればいいみたいな。
もう飽きちゃったな。もうちっと新しい発想してくれないかなぁ。
なんてこと考えてても、会社の飲み会とかはだいたい黄ばみ系になっちゃうんだよね。
これって、あたりもはずれもないからなんだよなあ。ファミレスと一緒だよね。
どこかの青年実業家のお兄さん。
新しい形態のお店考えてください。期待してますよ!
[PR]

by ZIMA_55 | 2004-08-11 21:56 | Stroll