2005年 07月 07日

鴻龍(上野毛)

朝から「Def Tech」の曲が頭から離れないじまです。
こんにちは。

マニアな場所がレンチャンしてますな。
ここもまたネットにあまり落ちてない店。

アレは5月。
母の日のプレゼントを代官山に買いに行ったときのこと。
お店の店員さんと話していると、店員さんの実家が大森ということで私の住んでいるところと結構近く、蒲田話で盛り上がりました。

そのときに、
店「蒲田の餃子屋さんって行く?」
じ「行きますよー。歓迎の大ファンですから!餃子大好き!」
店「じゃーね。歓迎より美味しい餃子屋さん教えてあげるよ。」

!!!!!!
なーぬー!!!
歓迎より美味しいとッ!
それは聞き捨てならぬ!!!
是非とも場所をおしえてくだされーーー!!!

というものすごい意気込み入ったオーラを一瞬にして放出した私は、営業中にも関わらず、
「すいません!上野毛行ったことないんでッ!地図!地図書いてください!!」
その場で店員さんに地図まで書かせてしまった俺。
食べ物にがっつくのは一生治らないであろう。
ま、いいや。

さて、お目当ての地、上野毛の「鴻龍(こうりゅう)」。
ちょっと時間は経ってしまったんだけれども早速ランチに行ってきました。
上野毛駅を下りて裏道に入ったところ。
町の中華料理屋さんですが、家族連れとかいて結構混んでました。

b0004863_12274347.jpg

b0004863_1228781.jpg

b0004863_12282647.jpg


餃子は皮が厚めのもちもち系。
ひとくち食べると野菜の甘味がものすごく広がります。
歓迎とは正反対の餃子。
歓迎はスパイスを多用したパンチのある味。
鴻龍はスパイスをほとんど使用しないやさしい味。
うあーーーー。
こら、好みが分かれるなぁ。。。
こっちも好きだけど、好きだけど、すきだけどーーー。
私は歓迎の方がやっぱすきだ。
歓迎のパンチと肉汁にはかなうものがない。
だけど、こっちの餃子もホントおいしいですよ。マジで。

で、ランチに行ったのでその日の日替わり定食を頼んでみました。
(「ふかひれそば」3000円に惹かれたが、流石に手が出ませんでした。)
1つが「野菜炒め腸詰のせ」、そして「酢豚」。
写真を見てもわかると思うけれど、野菜炒めはものすごく汁が多い。
珍しい。
酢豚はブロックの肉を想像しがちだけれど、薄切り肉を使っている。
珍しい。
そして、味は共にとてもあっさり。
野菜炒めは野菜と腸詰を一緒に口に入れると丁度いい塩気。
野菜だけだとちょっと物足りない感じかな。
酢豚は酸味がすくなくとても食べやすい。
肉が薄いので野菜と一緒に食べやすい。
おいしいおいしい。
世の中こってりこってり中華が多い気がするので、あっさり中華を食べたい人にはおすすめですよ。

いやー、こんな風に新しいお店を開拓するとは思わなかった。
いい情報ありがとうございましたー。

ちなみに。
教えてくれた店員さんのいるお店はココ⇒「Diral
セミオーダーでバッグが作れます。
母には革でできた花のコサージュをプレゼント。
今、iPod miniケースを狙ってます(^^)

--------------------------
鴻龍
Adr:世田谷区上野毛1-28-15
Tel:03-3703-2397
[PR]

by zima_55 | 2005-07-07 12:51 | Gourmand


<< 等々力渓谷      しら石(三田) >>